毛母細胞を増やす治療|男性だけじゃない薄毛の悩み|女性育毛剤を使って髪にボリュームを

男性だけじゃない薄毛の悩み|女性育毛剤を使って髪にボリュームを

男性女性

毛母細胞を増やす治療

頭

力尽きた毛母細胞

頭皮の内部に存在している毛母細胞は、髪を生み出したり育てたりします。そのため毛母細胞が弱ると、髪は生えにくくなりますし、成長しにくくなります。そしてこれが続くことで、髪はボリュームダウンしていくのです。そのため薄毛治療の多くが、毛母細胞の働きを良くすることを目的としておこなわれています。しかし弱った毛母細胞はそれによって回復していきますが、完全に力尽きた毛母細胞は回復しません。つまり多くの毛母細胞が力尽きているという人の場合、この薄毛治療では効果が出にくいわけです。そのため昨今では、毛母細胞そのものを新しく誕生させるハーグ療法が注目されるようになっています。ハーグ療法によって毛母細胞が増えれば、それだけ髪も増えていくことになるのです。

幹細胞を活性化

人間の体には、様々な種類の細胞を生み出す幹細胞があります。骨や肌を構成している細胞も、そして髪を誕生させる毛母細胞も、もとはこの幹細胞から作られているのです。しかし年をとったり心身に疲れがたまっていたりすると、幹細胞の働きが悪くなります。特に頭皮の幹細胞は衰えやすく、これが薄毛の主な原因となっています。そのためハーグ療法では、幹細胞を活性化させるカクテルが、頭皮に定期的に注入されます。このカクテルには、幹細胞の栄養分となるアミノ酸やビタミン、グロースファクターなどが配合されています。これにより幹細胞の働きが良くなれば、毛母細胞が次々に生み出され、発毛や育毛が促されるようになるのです。注射するだけなので手軽ですし、それでいて高い効果が出てくることから、ハーグ療法の注目度は高まっています。